文学フリマ公式サイト-お知らせ  Index  Search  Changes  Login

第四回考察

第四回文学フリマアンケート結果より

  • 来場参加者・出店参加者ともに二十代前半の男性に人が集中した(前年比)。
  • 出店者男女比が3:2(前回1:1)
  • 来場者男女比が2:1(前回3:2)

文学フリマの平均像 年齢は20代前半がボリュームゾーン。

出店参加者平均年齢28.6歳(−1.36)。

来場参加者平均年齢26.6歳(−0.3)。 ブースの運営は1〜3人が多い。 出店参加者は同人誌即売会慣れした人が増え、 一人の出店者が複数の媒体から文学フリマの情報を得ている。 次回も参加したいかという質問から見える満足度は高く、 リピーターは増える可能性が高い。

売れた冊数の平均が一サークル辺り23.5冊(+0.4)。 売上げ平均は一サークル辺り6099円(−3418)。 一冊平均259.5円(−152.5)。 来場参加者が買った冊数の平均が7冊(前年比+1.3)。 使った金額の平均が3395円(+71)。 一冊平均485円(−72)。 本を売る数、買う数は増えているが、 一冊辺りの単価も減って、 一サークル辺りの平均売上は減っている。 来場参加者の一人当たりの使う額は少し増。

売る側の一冊平均単価が安く出るのは、無料配布本のみのサークルもあり、買う側が無料配布の本を買った本に数えていないためと思われる。 数百円でサンプルをいっぱいもらって十冊以上の本を手に入れる層と 一万円で十冊の本を手に入れる層に分かれる。 売り手も4冊ほどで一万円売り上げるところと、 0円で百数十冊配るサークルなど二極化している。

不満として ・ タバコの煙が充満(特に見本誌スペース) ・ トイレが満員(女性の化粧直しが長い) ・男女一個づつのトイレを当日だけ男女兼用にすれば良いのでは?と女性の意見あり。 ・ 来場者に暑く、出店者に寒い室温 ・ 地方でもやって欲しい

次回アンケートに関して改善すべき問題点 ・ 買った冊数に無料配布の物は含まれるのか?との問いが回答者からあった。 ・ 売れた本の値段が、合計いくらで答えているサークルと、一冊何円の本が売れたと答えているサークルがある。 ・ 売れた本の冊数が、5種類の本が合計15冊売れたような場合、15冊と答えるサークルと5冊と答えるサークルがある。

Last modified:2008/03/17 22:28:15
Keyword(s):
References:[アンケート結果] [過去の開催記録]