文学フリマ公式サイト-お知らせ  Index  Search  Changes  Login

第十回出店サークル一覧(U1-V18)

■凡例

ブース番号
サークル名(サークル名フリガナ)URL
★ジャンル★
キーワード
メンバー
紹介文



U-01
幻燈〈北冬書房〉(ゲントウ〈ホクトウショボウ〉)
★評論★
短篇漫画・つげ義春・詩
高野慎三 つげ義春 うらたじゅん 
『ガロ』の編集者であった高野慎三が主催する北冬書房が出す漫画短編誌『幻燈』。1999年に終刊した『夜行』(1972〜1999)の後続誌として2001年から刊行。〈つげ義春以後〉の漫画表現を追及しつづける。若い表現を見過ごすことはない
U-02
漫画雑誌 架空(マンガザッシ カクウ)
★評論★
漫画・ガロ系・独創
西野空男・斎藤種魚・甲野酉(編集委員)
東京の北冬書房、神戸の幻堂出版を母体とする広島の西野空男が主催する同人誌。『月刊ガロ』『夜行』『アックス』『何の雑誌』『幻燈』と、連なり重なり合った表現を模索する〈ガロ系〉漫画雑誌。ガロ史の研究及び、ガロ的漫画表現の再構築を主眼において活動している。2010年4月より1年間限定で月間化します
U-03
close/cross(クロースクロス)
★評論★
少女漫画・レイトアノラック・コミュニケーション
sayuk、堀坂圭 他
少女漫画についての評論・レビュー誌「Girls' Comic At Our Best!」を発行しています。今回で参加6回目。なにかあたらしいものがあると思います。バックナンバー(特集:麻生みこと/岩本ナオ)も持ってゆきます。ゆゆ式本や小説本もあるかも
U-04
studio zero/蒼天社(スタジオゼロ/ソウテンシャ)
★評論★
サブカルポップ・マンガアニメ・特撮
小山昌宏/野谷真治
サブカルポップマガジンまぐま。カートウンマガジンEYEMASK を編集、制作をしています。

まぐまPB2 梶原一騎に燃える女子 VS 大島弓子に萌える男子/まぐま18 石ノ森章太郎の世界 サイボーグ009から平成仮面ライダーへ ほかバックナンバー多数
U-05
革萌同現地闘争本部(カクモエドウゲンチトウソウホンブ)
★評論★
共産趣味・新左翼パロディ
八木あつし
「闘う同人人民と連帯し、日帝の表現侵略を内乱に転化せよ」の旗を掲げ、萌え運動にコミットする党派(セクト)のスタンスにて、現在の萌え情勢を共産趣味的に分析・批評した新左翼機関誌的冊子を頒布しています
U-06
黒死館付属幻稚園(コクシカンフゾクゲンチエン)
★評論★
探偵小説・小栗虫太郎・黒死
素天堂、絹山 絹子
小栗虫太郎「黒死館殺人事件」を中心とした評論集「黒死館逍遥」を現在10号まで発行。地誌、芸能、詩歌など多岐に渡るジャンルから考察しています。年末作成した黒死館骨牌も追加販売予定。また肩のこらない文学考察として「眼鏡文人」小栗虫太郎、Pシェーアバルト本発行中
U-07
2004カン(ニセンヨンカン)
★評論★
個人誌・評論・サブカル
平山悠
「00年代の思い出にふける」、「近年の少年ジャンプ」、「水木しげる」これら中心に各種評論が詰まったミニコミを用意しています。また関西圏中心で配布しているテレビゲーム中心の評論が主なフリーペーパーも持参
U-08
泥濘に住む男(ぬかるみにすむおとこ)
★評論★
ゲイ・少年・SF
藤丸ジン太+チームSC
ゲイによる、ゲイ出会い系実録&評論本、ゲイカルチャー本、ゲイ目線での漫画評論のほか、体験談、少年と夏をテーマにした小説アンソロジーなど出します
U-09
Culture Vulture(カルチャーバルチャー)
★評論★
都市論・戦後史・鉄道史
万里小路信房
ライター・近藤正高主宰のサークル。個人誌『Re:Re:Re:』を発行
U-10
ゆとり世代部(ユトリセダイブ)
★評論★
インターネット・ゆとり世代・
azmin, ymrl, ほか
はてなグループ「ゆとり世代部」のもとに寄ってきたゆとり達が同人誌「ゆと部報」を作っています。漫画から小説から評論から好き勝手やります
U-11
萌え理論(モエリロン)
★評論★
創作情報雑誌・自主制作ノウハウ・同人オリジナル
天野年朗
「萌え理論」を運営する天野年朗の個人サークル。創作情報同人誌『ライトクリエイターズ』(1号、2号)と、批評同人誌『新文学』を頒布予定。創作文化に関する話題や、実制作に必要な情報を提供します。なお、『新文学』は、『東浩紀のゼロアカ道場 「伝説の文学フリマ」決戦』(講談社BOX)に一部収録されています
U-12
ことのは(@kotono8)(ことのは(@kotono8))
★評論★
事物起源・歴史・Kindle
松永英明
事物・風習などの起源を探る『事物起源』Vol.1、芥川『蜘蛛の糸』の元ネタ全新訳、Amazon Kindle対応PDFデータ版エドウィン・アーノルド『アジアの光』全新訳、などなど。特製手提げ袋、過去のバックナンバーも。ツイッター@kotono8
U-13
未来回路製作所(ミライカイロセイサクショ)
★評論★
現代思想・現代美術・カッティング・エッジ
中川康雄
文芸と美術、その相互を繋ぐ回路として。現代のカッティング・エッジを目指す概念創作装置
U-14
稀人舎(キジンシャ)
★評論★
書評・エッセイ・創作全般
代表・小林裕
「小さな出版社●稀人舎」です。個人で主にネットにて出版活動をしています。文学フリマ当日は『稀人舎通信SPECIAL 5号』発売予定。他に「稀人舎」発行の単行本『未入籍別居婚』『飲んだくれてふる里』なども販売します
U-15
出版評論社(シュッパンヒョウロンシャ)
★評論★
出版・評論・小説作法
バーバラ・アスカ
出版業界の評論を中心に、小説作法同人誌なども出しています。今年はマンガを描く!と決めているので、4コマの同人誌も頒布する予定です
U-16
モノクロメガネ(モノクロメガネ)
★評論★
漫画評論・サリンジャー・短編小説
サクラダ
評論と創作文芸を行っているサクラダ個人サークル。今回はサリンジャーに関する本を出そうと思っています。
U-17
TOLTA(トルタ)
★評論★
現代詩・アート・
河野聡子、佐次田哲、山田亮太、南谷奉良
ヴァ―バル・アート・ユニット「TOLTA」です。毎回、見てびっくり読んですっきりの本を作っていますが、今回はいつもと違う、新たな驚愕の新境地へ達する予定です。これまでの在庫も販売します。どうぞお楽しみに。ブースでお会いしましょう
U-18
サークルファイブエム(サークルファイブエム)
★評論★
萌え4コマ・ラブコメ・美少女ゲーム
峰尾俊彦、卯月四郎他
僕たちがだらだらと好きなものについておしゃべりしているうちに00年代が終わっていたらしいけど、相変わらず世界はまったり殺伐と続いている。そこで僕たちはあえて言ってみよう。「萌え4コマ的世界観が21世紀を支配する」と。サブカルチャー批評誌『5M vol.4』(特集:萌え4コマ)頒布します
V-01
Bootleg(ブートレグ)
★評論★
映画
大人げない豪華執筆陣!!
映画評同人誌「Bootleg vol.1」です。執筆陣は侍功夫/深町秋生/速水健朗/古澤健/破壊屋/とみさわ昭仁/真魚八重子/永岡ひとみ/マトモ亭スロウストンとなります。1コのダウトはよしとして、今回も豪華メンバーでの参加です。お買い求めはお早めに
V-02
人喰い映画祭(ひとくいえいがさい)
★評論★
音楽・コレクション
とみさわ昭仁
前回ご好評いただいた『人喰い映画祭』は、大幅な加筆訂正と書き下ろしを加えて、辰巳出版より単行本化されることになりました。今夏発売予定です。そのかわりと言ってはなんですが、今回は『覆面音楽祭』という小冊子を発行いたします
V-03
百人一首(ひゃくにんしゅ)構造研(ひゃくにんしゅこうぞうけん)
★評論★
アーキテクチャ・金毘羅・百人一首
花院堂ぶぶ、花院堂ブミチノク
百人一首を江戸時代は”ひゃくにんしゅ”と読んでました。

当時、契沖が手をつけたきり後継が絶えた、一から百の順番通りの配列解釈を再興・発展させます
V-04
ソフラマ(ソフラマ)
★評論★
ライトノベル・雑誌
守草賢哉 他
今回、4回目の参加となります。ライトノベル専門マガジン『ソフラマ!』、新刊のVol.05は作家『杉井光』特集です。他に小説、評論などのコンテンツを用意しています
V-05
マジレス!製作委員会(マジレスセイサクイインカイ)
★評論★
社会学・文学・哲学
羽田恭一郎、米坂学
マジレス!(MAJiRES!)はニコニコ生放送の真面目系配信者が中心となり発行する新しいタイプの同人誌です。参加者それぞれが自身の専門領域や関心領域から、その領域に対する世間のイメージに対して「マジレス」します。言いたい事も言えないこんな世の中に、たまにはマジになってもいいんじゃない
V-06
ムスメラウンジ(ムスメラウンジ)
★評論★
アイドル
-
「アイドル」という存在・現象に関する批評誌『アイドル領域』を頒布いたします
V-07
終りの会(オワリノカイ)
★評論★
哲学・美術・創作
永田希、迫田容満
同人誌第一号「クロニック・ラヴ」に続き、第二号「モダン・ラヴ」刊行予定
V-08
後藤和智事務所OffLine(ゴトウカズトモジムショオフライン)
★評論★
統計学・教育学
後藤和智
若者論と統計学が中心の社会・自然科学系サークル
V-09
文芸空間社(ぶんげいくうかんしゃ)
★評論★
批評・ネット・運動
松平耕一
私たちは年刊の批評誌『新文学』と季刊のメルマガ『新大学』を発行する。メルマガ『新大学』に寄せられた原稿についての批評会はニコニコ生放送により公開配信される。メルマガの原稿は批評誌『新文学』へと再編集される。このシステムは出版と大学の危機を打開するための手段として考案された。世界を革命するために
V-10
講談社BOX「西島大介のひらめき☆マンガ学校」(コウダンシャボックス ニシジマダイスケノヒラメキ☆マンガガッコウ)
★評論★
講談社BOX・マンガ批評・マンガ家
西島大介 さやわか 「ひらめき☆マンガ学校」生徒16名 N崎
斬新過ぎる方法論とムチャぶりで、マンガ業界一部を騒然とさせた「西島大介のひらめき☆マンガ学校」。6月1日発売の書籍化を控え、いよいよ二学期が公開講義としてスタート! テーマは題して「格付けし合うマンガ家たち」。当日17時より開催されるその講義の座席整理券も配布しています。
V-11
『.review』(ドットレビュー)
★評論★
メディアの創造・クラウドソーシング・ウェブ&リアル
西田亮介、塚越健司、淵田仁、天野彬、小野塚亮
project「.review」はあらゆる知、まだ出ていない書き手も含めたあらゆる書き手、あらゆるメディア、そしてあらゆる読者をブリッジする新しいメディアをクラウドソーシングによってつくっていこうというtwitter発のプロジェクト。HPから厳選された論文と識者とのコラボを含めた有償版を頒布します
V-12
KAI-YOU(カイユウ)
★評論★
世界と遊ぶ文芸誌・ノンジャンル
武田俊、飯田信一、小林鮎美、佐野嘉彦、中村可奈、新見直、湯原可菜、米村智水
あらゆるコミュニティーを横断する「世界と遊ぶ文芸誌」、『界遊』。過去には、青野春秋、岩岡ヒサエ、宇野常寛、辛酸なめ子、古川日出男、速水健朗、山本寛(敬称略)など、多くの方にご登場頂きました。今回は新刊『界遊004』を持ち込むべく現在鋭意制作中です。大幅な飛躍を目指しているので、ぜひご期待ください
V-13
タブロイド出張所(タブロイドシュッチョウジョ)
★評論★
評論・コラム・写真
久保内信行
編集プロダクションタブロイドが何かをまとめて出します
V-14
ドグマ出版(どぐましゅっぱん)
★評論★
漫画・サブカルチャー・ミニコミ
-
関西でミニコミなどを制作しつつ、フリーペーパー制作者などが集まるイベントを主催しています。過去9回のイベントで配布した冊子や、昭和臭かったりしてどこにも載らないような作品が集まる漫画賞を設けた雑誌、その他なぞアイテム多数用意してお待ちしております
V-15
汎用サーチライト(ハンヨウサーチライト)
★評論★
アニメ・作品論・表現論
-
現在「アニメ論」と言えばどのような方法論による語りを指しているのでしょうか。アニメという媒体に、そして各々の作品に固有の表現のあり方を仔細に見ることによって、そこで見えてくる作品の姿を語るという意味でのアニメ作品論、もしくはアニメ表現論とも呼ぶべき語り、ここでやっています
V-16
アニメーション総合文化研究所(アニメーションソウゴウブンカケンキュウジョ)
★評論★
アニメーション・機関誌・批評
-
当研究所は、アニメーションのみならず、アニメーションに関わる文化を相対的に調査・研究している研究機関です。機関誌『読むアニメーション』を販売します
V-17
アニメルカ製作委員会(アニメルカセイサクイインカイ)
★評論★
アニメ・雑誌・ネット
反=アニメ批評、EPISODE ZERO
アニメ批評系同人誌『アニメルカ』創刊号。web上で活躍されている日本国内外、約15名の方々から寄稿していただいた論考・エッセイを掲載
''
(調整ブース)
-
-
-
-
Last modified:2010/05/18 18:07:13
Keyword(s):
References:[第十回出店サークル一覧]