文学フリマ金沢へようこそ

2018/5/27(日)、全国の書き手と、個性たっぷりの本が金沢に集まるよ!
石川・富山・福井・東京・大阪・京都ほか計20都道府県から出店。
金沢では年1回の一大イベント。入場無料なので、ぜひ来場してね!!

文学フリマって、何?

文学フリマは、作者が、自分の手で、自分が〈文学〉だと信じるものを売る……
簡単に言うと、自分で作った本を売るイベントです!
20代〜30代を中心に、子どもから、高校・大学生・社会人、ご年配の方も来場。
2002年からスタートし、現在は年間9回・全国8都市開催、年間12,000人が来場する大きなイベントになりました。

文学フリマの「場」には、本屋さんでも通販でもありえないような形で、さまざまな〈文学〉が一堂に会し、販売・配布されます。見本誌コーナーやブースで立ち読みし、気に入ったものを自由に購入できます。
※多くはリトルプレスと呼ばれるごく少部数の本なので、売り切れることもあります。その場でしか手に入らないものばかりです。
※古本市ではありません。

どんな作品があるの?

自費出版の書籍、ホチキスで綴じたコピー誌、手製本の書籍、CD-ROMや電子書籍、Tシャツ、豆本、ポストカード、しおり、その他……。内容も、小説・物語・詩・俳句・短歌・ノンフィクション・エッセイ・評論……純文学もあればSFもミステリもホラーも恋愛もあり、絵本や写真集も、文芸評論もグルメ評論もアイドル評論もあり!

文学フリマには「誰かが選んだ本」ではなく、「作った人自身が、本当に読んで欲しい本」ばかりが集まります。
文学フリマのためだけに作られた、ここでしか出会えない本も多数あります。
1日中、ゆっくり本を読めるので、自分の好みに合った作品をじっくりと選べます。

ブースで立ち読みする来場者
文学フリマでの〈文学〉とは

「自分が〈文学〉と信じるもの」が文学フリマでの〈文学〉の定義です。

既成の文壇や文芸誌の枠にとらわれず〈文学〉を発表でき、作り手や読者が直接コミュニケートできる「場」を提供するため、
プロ・アマなどの垣根も取り払って、すべての人が〈文学〉の担い手となれるイベントとして構想されました。

文学フリマの出店カテゴリは全部で約60個あります。
すべてのリストは「文学フリマの出店カテゴリ」のページをご覧ください。

文学フリマでの「本の買い方」は?

文学フリマには人それぞれ、色々な楽しみ方があります。
ここではそのオススメ例を3つご紹介します。
例1. 見本誌コーナーを先に見る
  1. 入場したらまず「見本誌コーナー」で気になる本をチェックします
  2. 気になった本の販売ブースをカタログなどにメモします
  3. 出店者のブースに行って、実際に本を購入してみましょう!
例2. ブースを訪問する
  1. 会場内を歩いて、目に止まった作品のあるブースに近寄ってみます。
  2. 「見せてもらっていいですか?」と聞いて作品を見せてもらいましょう。
    作者や編集者の方とお話をしてみることもできます。 ▼ブースでのやりとりの様子

  3. 作品が気になったら、その場で購入してみましょう。
    もう少しよく読んで決めたいと思ったときは、例1.のように見本誌コーナーで試し読みするといいでしょう。
例3. カタログをチェックする
  1. 当日無料で配布される出店者カタログや、無料で使えるWebカタログを使って気になるブースや作品を調べます。 ▼当日無料で配布される出店者カタログ

    ▼文学フリマWebカタログ+エントリー

  2. 見本誌コーナーで、実際に作品を見てみます。
  3. 会場のブースに行って、実際に本を購入してみましょう!
    作者や編集者の方とお話をしてみることもできます。

文学フリマ金沢とは

文学フリマ金沢は、東京・大阪の次に古くからある文学フリマです。金沢・富山在住のボランティアが運営しています。

文学フリマ金沢は、文学フリマ百都市構想最初の開催都市としてスタート。 東京・大阪に続き、全国の文学フリマのなかでは、3番目に長い歴史を積み重ねています。
当日、会場に来られない作者のために「委託販売コーナー」を設置。 遠方の方や、育児や家庭・仕事や病気など事情で直接足を運べない作者から、多くの作品が集まっています。
また、会議室でも文学に関わる併催イベントを実施しており、即売会以外の形でも〈文学〉を楽しめます。

第四回文学フリマ金沢(2018/05/27) 開催情報

開催日時 2018年05月27日(日) 11:00〜16:00
入場料 無料
会場 ITビジネスプラザ武蔵 5F・6F
(めいてつ・エムザにつながっています)
アクセス

会場への行き方を見る

出店数 通常出店約90ブース・委託出店約90作品
主催 文学フリマ金沢事務局
Twitter: @BunfreeKanazawa
公式ブログ「文学フリマ金沢事務局通信」
後援 金沢市・公益財団法人金沢文化振興財団
協力 文学フリマアライアンス
累計開催数 地域通算4回目
全国通算48回目

文学フリマについてもっと詳しく!

文学フリマについてもっと詳しく知りたい人は、他のページも見てみてね!

「作品情報を事前に知りたい!」あなたへ……

ぜひ、文学フリマWebカタログや各種Webサービス上の情報を頼りに出品予定作品や過去の出品作を見てみてください。
以下に例をご紹介します。

文学フリマWebカタログ

Webカタログには出店者情報や販売・配布作品の情報が掲載されます。

…各開催の約1ヶ月前にオープンし、事前に情報を閲覧できます。
また、過去の開催回のカタログを見てみることもできます。

Twitter

Twitterの以下のタグを頼りにしてみてください。

…出店者による販売予定作品や、来場者による購入作品の紹介などが投稿されていることがあります。
#文フリ東京 #文フリ大阪 など「文フリ+地域名」で検索すると、その地域の文学フリマに関係する作品を見つけることもできます。

facebookページ&instagram

「文学フリマ」ページ on Facebook

イベント情報を知るためには?

以下の方法で文学フリマの最新情報をご覧いただけます。

文学フリマ事務局instagramでは文学フリマ事務局スタッフが、スタッフの日常や文学フリマにかんする写真をときどき投稿しています。

こんな感じです。

写真をメインに、ときどき情報がほしいという方は是非フォローをお願いします。

文学フリマニュースレター(メールニュース)

文学フリマ事務局から今後の開催情報や出店申し込みの受付開始、Webカタログのオープン、懇親会受付や併催企画などのお知らせをメールで配信しています。
メールの配信をご希望の方は下記ページの案内をご覧ください。

※すでにユーザ登録を行っている方は新規登録は不要です。

Twitter(文学フリマ事務局)

文学フリマ事務局Twitterでは文学フリマ東京ほか各地域開催のお知らせを行なっております。