当日の流れ

このページでは、文学フリマの1日の流れを説明します。 文学フリマ東京(TRC開催)を例に、時系列順に説明しています。 (※地域により開始時刻・終了時刻などは異なりますので、正確な時刻は必ず各開催回の情報をご確認ください)

8:30〜 当日設営時間

文学フリマでは出店者・来場者のみなさんとスタッフで一緒に会場設営をします。机やイスを並べる、配置用シールや張り紙を貼る、カタログを並べる、といった作業です。無理のない範囲でご協力ください。

(※一部の地域の会場では、事前設営を行うため、当日設営を実施しません)

10:00〜 出店者入場

設営後、出店者が自分のブースに入り、作品陳列や装飾、見本誌コーナーへの見本誌提出などの作業を行います。 事前に郵送した入場証を1人1枚用意して、カタログと引き換えて入場してください。会場を一度出てから再入場する際は、受付でカタログを提示すれば入場できます。

(※一部の地域では、出店者入場時間とイベント開場までの間に、列整理のための入退場禁止時間があります)

11:00〜 イベント開場

イベントが開場し、一般来場者の方が起こしになれます。入口でカタログ冊子を受け取ってください。会場内のブースを自由に見て回れるほか、カタログ冊子や見本誌コーナーで気になるブースや作品をチェックできます。< 地域によっては事務局発行の販売物や、飲食の出店、トークイベントなどの企画が行われることもあります。 また、当日アンケートに回答すると文学フリマオリジナルのステッカーがもらえます。

16:30 見本誌コーナー終了(イベント閉場30分前)

イベント閉場に先立って、見本誌コーナーが終了します。来場者の方はお早めにご利用ください。 また、見本誌のうち「既刊」もしくは収蔵・公開等を希望しない作品については見本誌コーナー終了時間までに出店者ご自身で回収してください。 (※詳細は見本誌についてのページをご覧ください)

17:00〜 イベント閉場・撤収開始

イベントが閉場し、撤収作業に移ります。出店者のみなさんは、まず自分の出品物や装飾物を片付けてください。その後、机やイスの片付け、張り紙の回収作業などをお手伝いください。来場者の方のお手伝いも歓迎です。 また、会場からの宅配搬出をご利用になる方は、案内にしたがって伝票を記入し、宅配搬出受付へお持ちください。

(※諸事情により、宅配搬出を実施できない地域もあります。出店案内を必ずご確認ください)

17:30〜 懇親会受付開始・懇親会スタート

イベント閉場後、来場者・出店者を問わず誰でも参加できる懇親会を開催します。イベント中は忙しくて語れなかった話や、新たな企画の相談、意外な裏話など、フランクに話せると好評です。 事務局の代表をはじめ、スタッフも参加します。 (※事前予約が必要な地域もあります。開催回ごとにメールやWebでご案内します)

(※キャパシティなどの関係で実施できない地域もあります)

帰宅後 イベントレポートを書く

イベント終了後、イベントレポートを投稿することができます。来場者の方も、出店者の方も投稿できます。また、ご自分のブログなどに投稿したレポート記事を紹介してもOKです。ユーザ登録・ログインしてご利用ください。
(※投稿・編集はイベント終了後、約1ヶ月後で締め切ります。閲覧はいつでも可能です)

次の文学フリマを探す

文学フリマは年間を通して全国各地で行われています。 ぜひ他の地域の文学フリマにも足を運んでみてください。 また、一般来場された方は、ぜひ出店も検討してみてください。 詳しい開催予定は「開催予定」のページをご参照ください。