文学フリマ百都市構想

文学フリマ百都市構想 〜言葉が集まる、文化が生まれる〜

文学フリマ百都市構想とは

文学フリマを開催したいという有志を支援すること、
様々な地域で文学フリマを開催すること、
そして各地域間の交流を生み出すことを目的とした取り組みです。

文学フリマを全国各地に広めることで、文学のみならずすべての文化・芸術活動をより身近で、より豊かなものにすることを目指しています。

  • 地域を越え、世代を超え、作者や読者の垣根も越えた交流によって新たな創作者を生み出す。
  • 地域同士の結びつきで創作の輪をひろげ、芸術の愛好者を生み出す。
  • 地域に根付く豊穣な文化に触れる機会を作り、それを受け継ぎはぐくむ継承者を生み出す。

文学フリマ・アライアンスプログラム 〜あなたの街で文学フリマを開催するために〜

文学フリマ百都市構想のもと、全国各地で「文学フリマを開催したい」と考えている有志に文学フリマ事務局から支援を行います。
各地域の事務局でアライアンス(連盟、連合)を組み、「日本各地で文学フリマを開催する」ための協力体制を提供するのが「文学フリマ・アライアンスプログラム」です。

具体的には、下記の支援を用意しています。

  • 主催業務に関わるノウハウ・マニュアルなど知的財産の提供
  • 申込受付・出店料決済システムの共同利用
  • Webカタログの共同利用
  • 公式Webサイト(このサイト)の共同利用

必要な規則と事務作業の部分をできるかぎり共通化することで、各地域で文学フリマを立ち上げる主催の負担を軽くし、イベントのそのものをおもしろくする創造的な仕事に注力できるようにするのが目的です。

必要なものは情熱です。

文学フリマを開催したいという情熱があれば、わたしたちが実現のためのお手伝いをします。それが文学フリマ・アライアンスプログラムです。

アライアンスメンバー(2018年7月現在)

  • 文学フリマ事務局(東京/アライアンス代表窓口)
  • 文学フリマ大阪事務局
  • 文学フリマ金沢事務局
  • 文学フリマ福岡事務局
  • 文学フリマ岩手事務局
  • 文学フリマ札幌事務局
  • 文学フリマ京都事務局
  • 文学フリマ前橋事務局
  • 文学フリマ広島事務局

文学フリマを開催したい!と思ったら……

新規開催立ち上げの流れ

新しい地域の開催は以下のような手順で進みます。

  1. 「文学フリマを地元で開催したい」と思ったら、文学フリマ事務局に連絡します。
  2. 文学フリマ事務局と打ち合わせを行います。
    立ち上げ地域の事情や、他地域の状況なども考慮しながら、具体的に実現可能な開催ビジョンを決定していきます。
    スタッフ参加経験のない方は、事情に応じ、他地域の開催で当日スタッフ経験をするなどして、開催のための力を養っていただきます。
  3. 開催の手引きを参考に、アライアンスでの報告・連絡・相談を密にしながら、スタッフとともに準備を進めます。
    各スタッフのモチベーションやスキルを最大限に発揮し、第一回開催・そして開催継続に向けて取り組みましょう。

ご連絡をいただいてから実際に開催に至るまでは、少なくとも約1年半にわたる長い時間がかかります。情熱を維持しながら根気強く準備を続けましょう。

ご連絡ください

文学フリマを開催したいという方は、下記の情報をすべてお書き添えの上ぜひ文学フリマ事務局へご連絡ください。

  1. 主催希望者についての情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス、職業など)
  2. その地域で文学フリマを開催したい理由(できるだけ詳しく)
  3. 開催を希望する具体的な地域(できるだけ具体的な都市や町)
  4. 開催を想定する時期(おおよそで結構です)
  5. 開催を想定する施設の情報(収容可能人数、利用費、主要駅や空港から施設へのアクセスなど)
  6. 文学フリマの参加経験(一般来場・出店・スタッフ、設営ボランティア等)
  7. スタッフとして協力してくれそうな方の人数と人物像(※最初は自分1人だけ、でもOKです)
  8. その他、希望や懸念事項、質問など

情報の準備が整ったら、【問い合わせフォーム】より「文学フリマ事務局」へご連絡ください。

文学フリマ全国マップ(2018年7月時点)

これまでの開催地

開催地 会場(所在地)
青山 青山ブックセンター本店カルチャーサロン青山(渋谷区)
秋葉原 東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎(千代田区)
名古屋 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール(名古屋市)
蒲田 大田区産業プラザPiO(大田区)
平和島 東京流通センター(大田区)
中百舌鳥 堺市産業振興センター イベントホール(堺市)
幕張 幕張メッセ(千葉市)
金沢 ITビジネスプラザ武蔵(金沢市)
福岡 都久志会館(第一回〜第二回)→天神ビル(第三回〜)(福岡市)
札幌 さっぽろテレビ塔(札幌市)
盛岡 岩手県産業会館(盛岡市)
京都 京都市勧業館 みやこめっせ(京都市)
前橋 前橋プラザ元気21 にぎわいホール(前橋市)
大阪 大阪マーチャンダイズ・マートビル(大阪市)
広島 広島県立広島産業会館(広島市)※2019年2月開催予定
(以上、通算15都市)

文学フリマとは

文学フリマは誰もが参加できる文学作品の展示即売会です。
既成の文壇や文芸誌の枠にとらわれずに文学作品を発表できる場を提供すること、作り手や読者が直接向き合あって交流できる場をつくることを目的とし、プロ・アマといった垣根も取り払ってすべての人が文学の担い手となれるイベントとして開催されてきました。
2002年から東京を中心に開催されてきた文学フリマですが、少しずつ日本の各地域にその輪をひろげてきました。
このたび文学フリマ百都市構想を立ち上げ、全国各地に文学の種を蒔き、芽を育て、花を咲かせることを目指します。