文学フリマのルール – 地域別ルール(広島)

適用開始時期について
本ページのルールは2023年開催の「文学フリマ広島5」より適用されます。
  • 共通ルール:
    すべての文学フリマの、すべての参加者 (来場者・出店者) にお守りいただくルールを定めています。
    ご来場前に必ずお読みください。
  • 出店ルール:
    すべての文学フリマの、出店者にお守りいただくルールを定めています。
    出店時にはかならずお読みください。
  • 地域別ルール (広島) (★本ページ):
    文学フリマ広島のルールを定めています。
  • 参加規約:
    すべての文学フリマの参加規約を定めています。正式な条項はこちらをご参照ください。
  • 目次・改訂履歴

文学フリマ広島5 出店ルール

追加椅子の提供はありません
    今回、追加椅子の提供はありません(会場側が定める感染症対策として机1台に座れる人数が制限されるため)。2名でのブース参加が必要な場合は2ブースを取得してください。

出店料

  • 1ブースにつき、4,700円を申し受けます。
  • 1ブースにつき、
    長机半分(幅90cm×奥行45cm)
    入場証 2枚
    椅子 1脚
    を用意いたします。
  • ブース内に入れるメンバーの数は【椅子と同じ数まで】となります。
  • 1出店者につき2ブースまで申し込むことができます。
ブース数 ブースサイズ 入場証枚数 追加椅子 椅子合計
ブース滞在人数
出店料
1 長机半分 2 0 1 4,700円
2 長机 4 0 2 9,400円
お願い
※大人数の団体(大学サークル、詩歌等の結社や作家グループ等)で出店する場合や、混雑が予想される場合・作品点数が多い場合などは密集を回避するため、なるべく2ブースの取得をお願いします。

出店スケジュール

文学フリマ広島5の開催ページにてご案内しています。

抽選対象外となる場合

先着160ブース目までのお申込に限り抽選実施の対象外となり、確実にご出店いただけます。対象となった方には、申込受付後ただちにお支払い方法のご案内がメールにて届きますので、出店料のお支払いをお願いします。期間内に出店料のお支払いが完了した時点で、ブースの取得が確定となります。

隣接配置

10出店者までの隣接配置を受け付けます。
(代表出店者 + 別の出店者 = 合計10出店者まで、隣りあうように配置されます)
※ただし、ブース机の間を空けて配置するため、3ブース以上の隣接配置を申請した場合、机の間には隙間がある状態になります。

地域独自カテゴリについて

文学フリマ広島では、他の地域の文学フリマにはない下記のカテゴリが追加されています。

「郷土」カテゴリ

広島県・鳥取県・島根県・岡山県・山口県など中国地方に関連した作品を扱っている場合に選択・ご利用ください。

  • 「小説|郷土」
  • 「評論|郷土」
  • 「ノンフィクション|郷土」
  • 「詩歌|郷土」

変更履歴

  • 文学フリマ広島5 (2023/2/26開催・2022/10/1受付開始): 先着130→160ブースに変更/隣接配置の申請上限出店者数を4→10に緩和/第一審の専属的合意管轄裁判所を参加規約の通りとします。このため広島地方裁判所・広島簡易裁判所から東京地方裁判所・東京簡易裁判所に変わりました
  • 第四回文学フリマ広島 (2022/4/17開催・2022/3/1受付開始): 変更なし
  • 第三回文学フリマ広島 (2021/2/14開催・2020/9/26受付開始): 新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため入場証を1ブースにつき3枚→2枚に変更しました。/新型コロナウイルス感染症対策による経費増加のため出店料を1ブースあたり4,300円→4,700円に変更しました。
  • 第二回文学フリマ広島 (2020/2/23開催・2019/8/3受付開始): 消費税改定のため出店料を4000円→4,300円に変更しました。
  • 第一回文学フリマ広島 (2019/2/24開催・2018/8/25受付開始): 初回開催